あなたが進んでいるのはどっち?ブラックリストとホワイトリストの3つの真実

By - Last updated: 水曜日, 4月 16, 2014
5年経たないと消えないブラックリスト、滞納なしの優良利用者はホワイトリスト、ローン実績がない人とホワイトリストだが調査対象に キャッシンの用語の中にはブラックリストというものがあり、サラリーマンであればキャッシングの利用をしたことがなくても一度はこの言葉を耳にしたことはあると思いますが、ブラックリストとは借金の返済を何ヶ月も滞ったり自己破産などの債務整理を行った人達の情報が、信用機関の情報に載ることを言います。 このように実際にブラックリストというものは存在していませんが、信用機関の信用情報のリストに載ることをブラックリストに載ると言っています。 ブラックリストに対してキャッシング用語としてはホワイトリスト呼ばれるものもあるので、ここではブラックリストとホワイトリストについての疑問点について説明していきたいと思います。   まずブラックリストには一度載ってしまうと消すことはできないのか?と悩んでいる人も多いと思いますが、ブラックリストは基本的には5年経つと消えることになっています。 信用機関というのは1つだけではないので、全ての事故記録が5年で消えるとは限りませんが、通常は5年長くて7ということになっています。 しかしながら金融機関などの中には、一度ブラックリストに載った人は要注意人物として永遠にマークする場合があるので、この場合はブラックリストは消えてもキャッシングの利用ができない場合もあります。   次に気になるホワイトリストについでですが、これはこれまでキャッシングやローンやクレジットカードの滞納が一切ない優良利用者ということになりますが、過去にキャッシングやローンやクレジットカードなどの利用もカード自体も作ったことがないという人もキャッシングの業界においてはホワイトと呼ばれます。   ホワイトリストやホワイトと呼ばれる人達は何も問題ないように思われますが、ホワイトローンだとしても借入件数が多ければ調査対象となり、全くローンの実績がない場合も調査対象になってしまいます。 一度も滞納がなくても当然複数から借金をしている人は多重債務者として審査の大きな弊害になり、これまでキャッシングやローンをした経験がない人はクレジットヒストリーがないということでまだまだ信用が低いことになり、高額な融資を受けることは難しくなっています。  
Filed in •