あなたが進んでいるのはどっち?ブラックリストとホワイトリストの3つの真実

By - Last updated: 水曜日, 4月 16, 2014
5年経たないと消えないブラックリスト、滞納なしの優良利用者はホワイトリスト、ローン実績がない人とホワイトリストだが調査対象に キャッシンの用語の中にはブラックリストというものがあり、サラリーマンであればキャッシングの利用をしたことがなくても一度はこの言葉を耳にしたことはあると思いますが、ブラックリストとは借金の返済を何ヶ月も滞ったり自己破産などの債務整理を行った人達の情報が、信用機関の情報に載ることを言います。 このように実際にブラックリストというものは存在していませんが、信用機関の信用情報のリストに載ることをブラックリストに載ると言っています。 ブラックリストに対してキャッシング用語としてはホワイトリスト呼ばれるものもあるので、ここではブラックリストとホワイトリストについての疑問点について説明していきたいと思います。   まずブラックリストには一度載ってしまうと消すことはできないのか?と悩んでいる人も多いと思いますが、ブラックリストは基本的には5年経つと消えることになっています。 信用機関というのは1つだけではないので、全ての事故記録が5年で消えるとは限りませんが、通常は5年長くて7ということになっています。 しかしながら金融機関などの中には、一度ブラックリストに載った人は要注意人物として永遠にマークする場合があるので、この場合はブラックリストは消えてもキャッシングの利用ができない場合もあります。   次に気になるホワイトリストについでですが、これはこれまでキャッシングやローンやクレジットカードの滞納が一切ない優良利用者ということになりますが、過去にキャッシングやローンやクレジットカードなどの利用もカード自体も作ったことがないという人もキャッシングの業界においてはホワイトと呼ばれます。   ホワイトリストやホワイトと呼ばれる人達は何も問題ないように思われますが、ホワイトローンだとしても借入件数が多ければ調査対象となり、全くローンの実績がない場合も調査対象になってしまいます。 一度も滞納がなくても当然複数から借金をしている人は多重債務者として審査の大きな弊害になり、これまでキャッシングやローンをした経験がない人はクレジットヒストリーがないということでまだまだ信用が低いことになり、高額な融資を受けることは難しくなっています。  
Filed in •

年収700万円の人のキャッシング!元FPが教える具体的な借入金額とは?

By - Last updated: 木曜日, 4月 17, 2014
借入可能額は230万円、最長7年借入られるが3年以内がおすすめ、230万円を年率15%で3年で返済すると7万9000円余り、総額は287万、57万が利息 年収が700万円あると、どのくらいのお金を借りることができるようになるのでしょうか。これは、借入を申し込む各業者によって審査基準が違うことから、実際には借り入れる金額は異なるようになります。FPが言うには、年収700万円の人のお金の借り入れにおいて、一定の共通点を持つようになっているといいます。 FPは、この年収でお金を借りた場合の無理のない借入金額を教えてくれました。それは、年収が700万円となると、借入可能額は230万円がよいとしています。生活費や住宅ローン、自動車ローン、子供の学費などを考慮したとしても、この金額なら毎月の返済額で困ることのない金額で支払うことができるとしています。 金利については高く計算しても返済では問題とはならないでしょう。まず、利息については、230万円を年率15%の金利で3年かけて返済することになると、毎月7万9000円余りとなることから、年収700万円であっては、全く問題のないことになるのです。 また、この金利と返済期間では、返済総額は287万となります。そのうち、57万が利息分となりますので、この点について理解しておかなくてはなりません。 また、年収700万円の借り入れで、230万円を借りるとなると、最長7年借りることができるとしていますが、もし7年で返済した場合は、その利息が非常に多くなることが必要としています。 たとえば、230万円を7年、15%の金利で借りた場合、3年の場合よりも倍の利息を支払うことになりますので、返済は楽であっても返済期間が長くなることにより、総返済額が多くなることを理解するべきとしています。
http://cardloan-master.com/%e3%80%90%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%81%e3%80%91%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%bf%94%e6%b8%88%e6%99%82%e3%81%ae%e3%80%81%e9%87%91/
そこで、FPは3年以内がおすすめであることを教えてくれたのです。年収700万円では、月7万9000円で返済していくことがもっとも負担が少なく、返済も確実になるということを言っていました。 このように、年収に合わせて返済期間と毎月の返済額を決めていくことが必要であることを教えてくれたのです。これで、いくら借りたらよいのかについてわかったのでした。
Filed in •

ちょっと気になる!キャッシング会社からの信用度が高い3つの職種

By - Last updated: 土曜日, 4月 19, 2014
公務員がダントツで信用度が高い、医者や弁護士、会社員<すべてにおいて収入が安定しているかがポイントに!> 職業を差別することはいけないことで、世の中に認められた職業の場合には良し悪しはありませんが、キャッシングの審査においては当然のことながら職業差別が行われます。 職業差別という言葉を使うには語弊があると思いますが、お金を貸すキャッシング会社とすれば貸したお金は絶対に回収しなければ損をしてしまい、実際にしっかり審査した上でお金を貸しても毎年数えられないくらいの貸し倒しに合ってしまうため、キャッシングの審査はかなり厳しく行わなければいけません。 キャッシング会社の審査の基準や方法はそれぞれの会社によって異なるので、一概にどういう条件の人が借入しやすいかということは言えませんが、キャッシングの審査の最も重要なポイントになるのは、絶対に貸したお金を回収できる可能性が高い人が審査に通りやすいということは間違いありません。 ここではキャッシング会社からの信用度が高い3つの職業について説明していきたいと思います。   まずキャッシングの審査において最も信用度が高いのは公務員だとされています。 その理由は何と言っても公務員の離職率の低さにあって、公務員は自分から仕事を辞めない限りは身分が保証されていて、犯罪でも起こさない限り解雇されることはありません。したがって公務員という肩書きを持っていれば、たとえ若手で年収がまだまだ低い場合でもキャッシングの審査はかなり有利になります。   信用度が高い職業としては医師や弁護士も有名で、ご存知の通りに医師や弁護士は高収入の職業として知られていて、難しい国家資格を取得していて需要も高いため、公務員同様に簡単に職を失うことがない職業として非常に信用度が高くなっています。 医師や弁護士の場合は信用度が高く高年収であるために、融資額も高くなる傾向にありま。   最後に意外に思うかもしれませんが、公務員ほどではありませんがサラリーマンも安定している職業だとみなされる場合が多く、自営業で高年収を稼いでいる人達よりもよっぽど信頼度は高くなっています。 しかし勤続年数が短いと審査に跳ねられてしまう場合もあり、最低でも1年以上の勤続年数は欲しいところです。  
Filed in •

借金体質の俺がFPに学んで始めた3つのマネンジメント術

By - Last updated: 火曜日, 4月 22, 2014

俺は、お金がないとすぐにキャッシングを利用していました。しかし、キャッシングは利息をとられるので、キャッシングを繰り返すうちに返済するのが大変になっていきました。給料が入ったらすぐに返済をし、でもすぐに生活費が足りなくなってキャッシングを利用するという悪循環を繰り返していました。でも、そんな俺でもFPにマネジメント術を学んだら借金体質が治ったんです。ここでは、借金体質の俺がFPに学んで始めた3つのマネジメント術をお話しします。

 

まず1つ目は、将来の目標を持つということです。お金が貯まる人と貯まらない人の違いは、将来の目標を持っているか、ということです。年収が1000万円あっても支出が多ければお金は貯まりません。逆に年収が300万円でも支出を減らして1000万円貯めている人もいます。これらの人の違いは、将来の目標を持っているかということなんです。将来、家を買うために○○万円必要、だとか、車を買うために○○万円必要、と言う目標を明確にしていて、そのために支出を減らしてお金を貯めているのです。俺も車を購入することを目標に貯金を始めました。

 

2つ目は、予算を管理して手間をかけずに家計とローンをマネジメントするということです。借金体質の人は、予算を立てて生活するということができません。まずは1か月決めた予算内で生活できるようになることが大切です。給料日に引き落とし分を口座に残し、まとめてお金を引き出します。そして、もう次の給料日がくるまでは口座からお金を引き出さないようにするのです。引き出したお金から返済分のお金を引き、残った分が1か月で使えるお金になります。1番簡単なのは、その残ったお金を5つの封筒に分けて、毎週1つの封筒で生活するようにするのです。この予算が守れれば、借金を繰り返すこともなくなります。

 

最後の3つ目は、おまとめローンを利用するということです。複数の会社からお金を借りていると沢山の利息を支払わなければなりません。そこで、一つの会社にまとめてしまい、返済するようにするのです。そうすれば、支払う利息をだいぶ軽減することができます。また、金利もおまとめローンを利用すると低くなることが多いです。あと、おまとめローンはカードローンと違って追加借り入れ手続きがその都度必要なので、お金が足りなくなったら借りるということを防ぐことができます。

 

ここでは、借金体質の俺がFPに学んで始めた3つのマネジメント術についてお話ししました。借金を完済し、貯蓄ができるようになるためには、数年後にどのような生活をしたいか目的を持ち、予算管理をしながら家計をマネジメントしなければなりません。これ以上借りないためには、限度額の範囲内で自由に借り入れができるカードローンより、追加借り入れ手続きがその都度必要なおまとめローンを利用し、安易に借り入れできないようにするのも1つの方法です。

 

Filed in •

金融のプロが指摘する!お金を貯められる人と貯められない人の3つの相違点

By - Last updated: 金曜日, 4月 25, 2014

現在、40~50代でも貯金のある人は実はあまり多くありません。貯金をしないで、将来に対する自己投資などをしているのならば、まだ分かりますが、ギャンブルや飲み代に使っている人が多いのが現状です。将来に対する不安を少しでも軽減するために、今からでも貯金をすることをお勧めします。では、お金を貯められる人と貯められない人の違いはなんでしょうか。3つの違いについてお話しします。

初めに、お金を貯められる人は無駄遣いをしません。お金を貯めることが出来る人は、何が無駄かを分かっています。つまり、お金を貯めれない人は1000万円あっても使ってしまいためることができません。まずは、この無駄な支出をカットする必要があります。支出には、2種類あります。固定的なものと流動的なものです。固定的なものといえば、家賃、保険料、携帯代などです。流動的なものは、食費、交際費など毎月変動するものです。支出を減らすには、流動的なもので無駄なものを買わない、使わないといったことはもちろんですが、固定的なもののプランを見直すことが先決です。もっと安い通話プランがないか、家賃を下げてもらえないかなど、固定的なものを減らすことで支出は大きくカットできます。

次に、お金を貯められる人は目標を持っています。まずは、貯める目的をはっきりと持ちましょう。将来が不安だから、という理由が多いと思いますが、漠然とした不安のために貯金するということは普通はできません。旅行でも結婚でもなんでもいいので、何か目的を持ちましょう。目的の無い方は、将来に対する自分への可能性や選択しを広げる手段になると思いましょう。このように、動機がネガティブなものか、ポジティブなものかによっても貯金する意欲が違ってきます。

最後に、お金を貯める人は節約を楽しめます。いかに無駄を無く生活できるのかを楽しみながら節約しているのです。貯金できない人は節約が苦痛です。もちろん最初は苦痛に感じることもあるかもしれませんが、その今の苦痛と将来の人生の苦痛を比較すればどちらがいいかは分かるでしょう。楽しみながら節約を続けることが貯金に繋がるのです。

 
Filed in •